せどりで商品が売れない時の原因とは?絶対にやっておくべき2つの対策

アイキャッチ画像1119
  皆さん、せどりで「仕入れた商品が売れないとき」ってどうしていますか?   人によっては「売れるまでひたすら待つ」という戦法を取る人もいると思います。 また人によっては「全然売れないじゃんか!」と思って、せどりが稼げないビジネスだと感じてしまう人もいると思います。 仕入れた商品がいつまでも売れないと不安になってしまいますよね。 そこで今回は、  
  1. せどりで仕入れた商品が売れない原因
  2. 商品を売るために行いたい2つの戦略
  この2つをお届けしていきます。 今現在せどりに取り組んでいる方や、これからせどりに挑戦したい方には絶対に覚えておいてほしいポイントが満載です。ぜひご覧ください。  

せどり初心者さんが抱えやすい「商品が売れない」という悩み

  まず、せどり初心者さんが最初にぶち当たる壁が「商品が売れないこと」だと思います。 売れない これが生活品やトレンド商品などの回転の良い商品ジャンルを扱っていれば「売れない」という心配をすることは少ないのですが、商品ジャンルによっては本当に売れません。 これが趣味でなにかを売っているのであれば気軽に待つこともできます。   しかし利益を出そうと思って始めているわけなので売れない期間を悠長に待つことは難しいですよね。 私自身も始めた当初は売れない時は何度も(売れたかどうかの)メールを確認したり、売り上げを管理しているアプリを見ていました笑 そう、売れない時って本当に不安になりますよね。 実際に最近同じ悩みを持ったメルマガ読者の方からはこんなご相談を受けました。  

商品が売れない!という悩みを持つ読者からのメール

  はじめまして。ーーと申します。 せどりのことを調べているうちに井上様のブログに行き当たり、いくつも記事を読ませていただきました。 他の方が書かれていない内容で、とても具体的でしたので、興味をもち10月30日分からメルマガも拝読しております。 いつも配信を楽しみにしております。   私は副業でネットビジネスを始めようと思い、1年前から有料教材含めて細々と取り組んでいます。 井上様がセールスレターで仰っていた、詐欺師云々のところは、いま本当に痛感しています。 何十万という大金を見ず知らずの他人に預けるなんて、普通ではできないことですが、引き込むのが上手いので騙されてしまいました。まるで慈善事業のように、困った人を助けたいとうたって、自らの収入や華やかな生活を自慢するのが、詐欺師たちの手口です。   ようやく最近、そういった方々が私のような素人を相手にするのは、営利目的で、助けたいというのは方便だったということが分かりはじめました。 そして実績をあげても・あげなくても、彼らに利用されてる感じが気持ち悪くなりました。 他人を稼がせることに本気の方に出会えませんでした。 率直に申し上げて、井上様のブログやメルマガは、無料でここまでの情報を提供しているので驚きました。この方ならば信じられるかもしれない、と思いました。 今後とも、読者として陰ながら応援しています。   さて、転売ビジネスで実際に直面していること、 および関連した問題について、相談があるのですがよろしいでしょうか。 Amazonにおいて、新規出店で自分の店で買ってもらうには、どうしたらよいでしょうか? いま、Amazonで新品の漫画セットを販売しています。 人気シリーズで最安値でも、販売後3日の時点で売れていません。 まだ売れるタイミングが来ていないだけか、ほかに理由があるとすれば、新規セラーで実績がないから、FBAを使っていないから、あるいは中古の方が需要があるからだと思っています(モノレートでは新品でも売れているようでした)。   長々と失礼いたしました。 セールスレターに書かれたビジョンに共感して、感銘を受けたため、考えをお聞きしたくなり、つい色々なことを書き連ねてしまいました。抽象的で答えにくい質問かと思いますので、ただの応援メッセージとして、流してしまっても結構です。 それでは、失礼いたします。   ーここまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   非常に長文のメッセージありがとうございます。 これだけの長文を書かれたのは大変だったと思います・・(^_^;) その頑張りを無視する訳にはいきません・・!しっかりとご返信していきますね。   頂いた内容をまとめると(重要な部分は赤太文字にしました)、   Amazonの新規出品者で商品を売るにはどうしたらいいのか? ということですよね。 それではしっかりと丁寧に解説していきたいと思います。 ただその前に「そもそも何故新規出品者は商品が売れないのか?」を簡単に説明していきます。  

Amazonで新規出品者が売れない原因とは?

  Amazonで商品を販売した時に、新規出品者ですと商品が売れにくいことは上でご説明しました。 では何故新規出品者だと売れないのか?   その原因の大半は「評価(星)数」にあると言ってもいいでしょう。 Amazonで購入者が商品を買う時に決めるポイントはたいてい以下の4つです。
  1. 商品価格
  2. 商品のコンディション
  3. 商品の説明文章
  4. 出品者の評価数
  商品の価格を確認して、コンディションを見て説明文章を把握して、最後にちゃんとした出品者かを確認。 多くの人がこの流れで商品を選定して購入に至ります。もちろん人にはよっては価格のみを重視する人もいますし、コンディションを最も重要視する人もいるでしょう。価格が安い商品であれば何も確認せずに購入をする人も多いと思います。 しかし、ある程度の価格の出品商品であれば、大半の人はコンディションや説明文章、評価数を気にするのです。   そういったことを考えた時に、 「評価数のみ、新規出品者が不利」 という現実だけが残ります。   商品価格や説明文章、コンディションなどであれば、バンバン売れている出品者と大差ないように設定できます。自分で決める&書く事ができるので当然ですよね。 しかし「評価数」のみ、自分で設定することはできません。購入者から頂いてはじめて積み重ねていくものだからです。   つまり新規出品者が商品が売れない原因は新規セラーで信用(評価数)を獲得していないからなんです。 信用がない   勿論、大手セラーとの違いは他にもあります。 例えば「商品数」ですよね。 商品数が多くあることで必然的に商品は売れやすくなります。100の出品と1000の出品では売れる確率はどちらが多いかはお分かりになると思います。しかしそれでもやはり最初は評価(星)がないと本当に売れないんですよね。  

新規出品者が仕入れた商品を売るための2つの対策

  実際に私も数ヶ月前から新たにジャンル開拓のために新規店を持ち始めました。 ・・・が、 まあ売れません! ・・笑 率直に「こんなに売れなかったけ?」と思ったほどです。 メインのアカウントを取得して運用し始めたのは数年前なのでここまで売れないという事は忘れていました。中古商品は絶望的と言ってもいいくらいです。 つまり、それだけ評価数は大切なんですよね。 だから嘆く前に評価数を貯める戦略を施す事が大切です。 嘆く前に 今回は基本的な2つの対策をお伝えします。  

対策1:評価レビューお願いする

  評価数をためる為に絶対にやっておきたい対策の1つに「評価レビューを依頼する」というものがあります。 当たり前のことですが評価をお願いするのとしないのでは評価してもらう確率は違います。全くお願いしない状態では100人に1人の確率だとするとお願いをすれば30人に1人の確率にまでなります。 しかしただテンプレートのように「評価レビューをお願いします」と言っても、相手は面倒でレビューに移ることはほぼありません。 じゃあ、どうするのか? ・ ・ ・ ・ 簡単です。頭を働かせるのです。   例えば、あなたが飲食店に行ったとしますよね。   そこでアンケートのお願いの紙が置いてありました。
  • お店のイメージはどうですか?
  • 味はどうでしたか?
  • 接客態度はどうでしたか?
  とか書いてあるやつです。まあ、よくみるやつですね。 この時にポンとテーブルに置かれていただけでは、アンケートに記入する人はあまりいないと思います。 では、どんな時に書きたくなるのか? これを考えましょう。考えて考えぬきましょう。   少しヒントを与えると・・勿論、食事の味が最高だったり、接客態度が素晴らしかったら自然にアンケートを記入したくなる人もいます。 ですが、果たしてそれだけでしょうか? ここに大きなヒントが隠されています。   実際に私は先日あるレストランに行ったのですが、 ファミレス 風景

(画像はイメージ)

そこでは特殊なアンケートの記入の方法を取っていました。   あまりに面白い方法だったので、普段アンケートなどは書かない私ですが思わず書いてしまいました。それほどまでの体験をしたんです。 そしてそれをそっくりそのままAmazonの評価依頼にも応用してみました。 結果的に言うと、まだ試作段階なので正確な効果はわかりませんが、ある程度の効果は生んでいると思います。   これを読んでいる読者の中には
なんだよ!気になるだろ!答えを言えよ!
と思う人もいるかもしれません。 しかし私は答えをすぐ教えて「はい、やってみてくださいね」みたいなことはやりたくありません。 それでは読んでいる人のレベルアップにも繋がらないですし、教えてもらった答えほど身につかないものはないと思うんです。考えて、考えて、考え抜く。 どうぞ1回禿げ上がるまで考え抜いてみてください笑    

対策2:新品商品メインで売る

  そして2つ目がこちら。 新品商品をメインで販売する、です。 上でお伝えした評価依頼の施策をするにしても、その前に商品が売れなければ意味がありません。当然ですよね。商品が売れないと評価依頼もできないわけですから。 その対策としては、 新品商品を利益度外視で売る ということで解決します。   例えば、上で言いましたがセラー同士で評価数の差が極端に出るのは中古商品です。 新品商品の場合は
  • カート獲得しているか?
  • 価格は1ページ目に出ているか?
で大きく変わってきます。   極論を言ってしまえば、カートさえ獲得していれば売れる商品であれば売れていきます。 しかしカートを獲得するには強豪セラーやAmazon自体に勝たなければいけません。カートを獲得できるのはその商品で1人なわけですからね。 ですので中途半端な価格ではカートを獲得できないんです。 つまり利益度外視(儲けが出ない価格)で出品していく必要があります。   例えば日常の生活用品であれば毎日のように売れています。 日用品 モノレート それを大量に仕入れてカートが獲得できるまでの金額に落とします。※理想は出品者にAmazonがいない商品 で、購入してもらい評価をお願いしていきます。 簡単に言ってしまえば、お金で商品を買ってもらい、その上で評価をお願いする・・という感じですね。  

まとめ:仕入れ商品を売るための2つの対策

  それでは今回は「仕入れた商品が売れない時の対策2点」をご紹介していきました。 ただ、補足をしておくと今回の方法は超超超基本的なことです。 やって当たり前。やってなかったら「絶対に実践しましょうね」という内容です。   注意点としては、対策は2つともやりましょう。どんなに商品を売っても単に評価をお願いしただけでは評価を貰える保証はどこにもありません。また逆に、どんなに評価を貰う施策をしても商品が売れないとそのキッカケを掴まなければ意味がありません。 言わば、
  1. 利益度外視で商品を売る
  2. 評価を貰える方法を考える
  この2つのステップを踏むことで確実に新規セラーでも評価を貰う事ができるのです。 そして次第に強い(売れる)アカウントに育っていくわけですね。せどりで稼ぐためにリサーチも仕入れも、知識の積み重ねも確かに大切です。 しかしこういった自分だったりお店の信用の積み重ねも大切です。ぜひこれを機にしっかりと取り入れてみてくださいね。 それでは今回はこのへんで。  

せどり&お金儲け関連の記事

 

お金儲けの情報を”余すことなくあなたにお届け”します。

井上
有益な情報はメルマガにて優先的に流しています。 記事に書く際にはどうしてもタイムラグがありますし、危ない情報は記事にできないので。 なので、本気で稼ぎたいなら是非メルマガにご登録されてください。
以上「せどりで商品が売れない時の原因とは?絶対にやっておくべき2つの対策」でした。      



せどり?転売?パチンコ?アフィリエイト?仮想通貨?
井上智也公式メールマガジン

読者様から絶大な支持を頂いている、私の公式メールマガジンです。

このメルマガでは「お金を稼ぐには?」をテーマに有料レベルの情報をガンガン流しています。登録は勿論無料ですので安心してご拝読ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。