弱者には弱者の戦い方がある

 

せどりは10年前であれば、
今以上に簡単に稼げた時代でした。

仕事帰りに少しブックオフに寄るだけで
数万円の小遣い稼ぎができました。

専業として家電量販店や
リサイクルショップを往復すれば、
サラリーマン以上の月収は稼げました。

少し資金を用意して人員を増やし
遠征仕入れでもした月には、

歌舞伎町のキャバ嬢レベルで
売り上げが上がっていました。

 

キャバ嬢が月収ウン百万円稼ぐには
相当な苦労と覚悟が必要ですよね。

禿げ上がったおっさんに
足を撫でられながら、

面白くもないおやじギャグに愛想笑いして、
二日酔いになるほどお酒を飲む必要があります。

知ってます?

一部のキャバ嬢が取り上げられて、
稼いでいるイメージがありますが、

キャバ嬢の平均年収って
450万円~550万円みたいですよ(平均年収.jp)

でも10年前のせどらーは
そんな苦労はなかった。

夜遅くまで酒を飲んで、
朝好きな時間に起きて、
お宝感覚で仕入れをする。

そんな夢のような生活で
月に30~100万円稼いでいました。

当時のせどらーの平均年収は
600~700万円とも言われているから驚きです。

しかし、もうそんな夢物語はありません。

せどりが稼ぎやすい時代は
終わってしまったんですよね。

今ではよほど効率的な仕入れをしない限り
ブックオフで得られる金額はお小遣い程度です。

リサイクルショップに
仕入れに行ってもカゴを
いっぱいにするのにも苦労します。

家電量販店せどり、
ドンキせどり、イオンせどり…

いずれも今はポイントやセールを
駆使しないと満足がいく利益を出すのすら難しいです。

・資金を増やす。
・人員を確保する。
・遠征をする。

こんなの今ではもう当たり前で、みんなやってます。

戦略でもなんでもありません。

つまり、

せどりで稼ぐ方法も
進化していってるんですよね。

進化した結果、

・より資金を持っている人間が勝地、
・より人材を持っている人間が生き残り、
・よりコネを駆使した人間が勝ち上がる

こんな世界になってきました。

 

10年前に比べると参入のハードルは20メートル
くらい上がったと思います。

でもせどりが稼げないとは言いません。

 

もう100回くらい言っているセリフですが、

せどり以上に稼ぎやすいビジネスは存在しません。

アフィリエイトもブログも
メルマガにYouTubeも投資もやってきた
私だからこそ強く言えますが、

仕入れたものを
ただ右から左に流すだけで

稼げるビジネスなんて
普通存在しませんよ。

しかも、それを実行するのに
必要なものは僅かな知識と資金。

もうね、
稼ぐ方法としては破格です。

ドラクエだったら
世界観が崩壊してますよ。

無限にゴールド手に入りますもん。

しかしそれができてしまう。
しかも現実世界で。

そう考えるとせどりって
稼ぎ方は普通はありえないんですよね。

 

でも繰り返しになりますが、
せどりは進化しています。

10年前と違い、
わずかな資金や労力で
稼げなくなってきています。

ジャンルによっては
専門知識が必要になってきました。

資金だって何倍も
必要になってきています。

リアル店舗でもAmazonに
価格を合わせるところが増えてきました。

ネットショップは
当然のように対策してきていますよね。

 

そういった現状を冷静に分析すると
今後せどりが厳しくなっていくことはあっても、
緩くなっていくことはないんですよね。

 

おそらく今このまま知識や戦略で
せどりを続けていても、

いずれ資本や人材を持っている存在に負けてしまいます。

淘汰されてしまうんです。

わかりやすく言えば稼げなくなってしまう。

悲しい現実ですがね。

資本も人材も持っている存在には勝てない

 

世の中の仕組み的に、
資本も人材も持っている側が勝ちます。

いわゆる「ランチェスターの法則(戦闘力=兵力の質✕量)」
ってやつですね。

では、どうすればいいのか?

 

同じように資金(何百万円)を用意する?

ちょっと現実的ではないですよね。

何百万円用意するとか
お小遣い稼ぎや副業の域を超えています。

 

そもそもそれだけの資金を作れるならば、
そこに全力投球した方がいいですよね。

これが仮に

「ブラック企業で何十時間も
残業して貯めたお金なんです…」

ということであれば、

今すぐ「会社やめろ!せどりやろう!」となります。

でもそんな特殊なパターンじゃなければ、
まあ普通にそっちを続けた方がいいですよね。

 

そもそも多くの人が
本当に金欠でお金がなくて、

少しでも何かお金を稼ぎたいから
せどりに挑戦すると思うんですよね。

それなのに「資金を用意しろ!何百万円もだ!」は
ちょっと酷じゃないですかね。

 

じゃあ労働時間を増やす?

では資金がない代わりに
労力を増やせばいいのか?

ランチェスター戦略(戦闘力=兵力の質✕量)
でいう「量」の部分を増やすってことですね。

まあ、確かに資金が少ないのであれば、
少しでも足を使って稼ぐのはいいと思います。

私自身経験してきましたが、ちゃんと稼げますよ。

でも労働型の稼ぎ方だと
確実にストレスと不安も増えていくんですよね。

 

1日何時間もお店をまわって、
利益が出る商品を1個1個確認して仕入れる。

仕入れたあとは梱包して発送手続きをして、
価格チェックをして。

時にはクレームに対応して、
赤字を出したりして…

よほどのメンタルがないと
労働型のせどりは続きません。

いずれ限界がくるんです。

上でキャバ嬢の話を出しましたよね。

知り合いに何人かいるんですが、
彼女たちは常に不安と戦っていますよ。

テレビやSNSを見ていると
華やかで稼いでいるイメージがありますが、
そんなのはごく一部。

大半は満足しない売り上げと
確実に襲ってくる年齢の不安と戦っています。

 

労働型の稼ぎ方では
不安は解消されないんです。

工場の作業員やコンビニのアルバイトが
将来に不安を抱えるように、

労働型のせどりも
不安が積み重なっていくんです。

つまり、

1:資金の確保も現実的ではない

2:労働型では問題解決にはならない

…ってことですね。

 

では、どうすればいいのか?

簡単です。

資金を必要とせず、
労働型ではないせどりに
取り組めばいいんです。

 

弱者の戦略を実践すればいいんです

実は上で出した「ランチェスターの法則」
には2種類の戦略が存在します。

それが、

・強者の戦略
・弱者の戦略

この2つです。

強者の戦略はすでに説明しているように

大きな市場で金をバンバン使って
人材とモノによる強者の戦略です。

資金や人にものを言わせて、
ひたすらぶん殴る戦略です。

そう、現在せどりで
生き残っている人たちが
取っている戦略です。

圧倒的な在庫数で
ひたすらカートを取ってきたり、

利益率を下げてでも
商品1ページ目を独占したり、

仕入れグループを使い
店舗の商品を根こそぎ奪ったり、

コネを駆使して大量に発注したり、

…とこんなやつですね。

 

でも繰り返しになりますが、
私たちは強者の戦略は取れませんよね?

なので”弱者の戦略”なんです。

弱者の戦略は強者に勝つために
生み出された戦略です。

例えば、

ソフトバンクが
携帯電話キャリア事業に参入したとき
市場にはNTTドコモという
圧倒的な強者となる競合の存在がいました。

ソフトバンクはこのとき弱者側。

なので弱者の戦略としての
基本を踏まえ戦いました。

その結果、
2014年にはNTTドコモを抜いて
国内携帯電話市場の首位に躍り出ました。

 

この結果に、

「強者の戦略を取っていたら、
きっとソフトバンクは負けていただろう」

と分析する専門家もいるくらいです。

これがランチェスターの弱者の戦略です。

弱者の強みがあるんです。

 

私はこの”弱者の戦略”を、
せどりの”あるジャンル”に取り入れたことで
圧倒的な成果を叩き出すことに成功しました。

 

弱者の戦い方を理解して、
僅かな資金を循環させて
効率よく稼ぐ方法も見つけました。

1000円で仕入れた商品を
1万円以上で何個も売っています。

ライバルが参入してこない商品を
涼しい顔して何十個も売っています。

誰もが群がる商品に
飛びつく必要はありません。

 

もう時代遅れの戦い方はやめませんか?

 

「とにかく仕入れろしろ!」
「寝る間も惜しんで頑張れ!」
「稼ぐまであきらめるな!」

 

こんなの戦略でもなんでもありません。

ただの根性論です。

だから私は見つけました。
弱者の戦略を。

弱者には弱者の戦い方があり、
弱者にしかできない戦略があるんです。

 

それがトレンドせどりです。

 

稼ぎ出したトレンド商品の一部を公開

↓↓約1200円仕入れ→7〜8000円販売↓↓


↓↓約1400円仕入れ→9800〜12000円販売↓↓


↓↓約4000円仕入れ→11000〜14000円販売↓↓


↓↓約2000円仕入れ→14000〜16000円販売↓↓

 

 

 

トレンドせどりとは?

 

トレンドせどりについての概要は
こちらの記事をご覧ください。

特別な知識や経験値は必要?

今回の「ザ・トレンドせどりテクニック」は
せどり初心者でも実践可能です。

せどりの特別な知識や経験は一切ありません

ぜひ安心して実践されてください。

 

店舗仕入れ?電脳仕入れ?

どちらでもOKです。

特に電脳仕入れじゃなきゃ利益が出ない!
とか店舗仕入れメインのノウハウだ!

…ということはありません。

ノウハウのメインは

・トレンド情報の戦略
・トレンド商品の販売テクニック

です。

なので仕入れ関連は
それほど重要ではないんですよね。

極論を言ってしまえば、

今まで注目が浴びてない商品
&仕入れがしやすい商品を扱います。

つまり仕入れで苦労することはありません。

可能な限り面倒で無駄な”頑張る行為”を排除しています。

 

期間が限られたノウハウなの?

今回の「ザ・トレンドせどりテクニック」は
期限付きの稼ぎ方ではありません。

よくありますよね。
1ヶ月後にはゴミになっている稼ぎ方とか。

そういった類のノウハウではありません。

先のことは保証はできませんが、

トレンドという廃れることがない
ノウハウを扱っているので
10年後、20年後も実践可能な方法です

必要な資金やお金は?

実践にあたっての資金は
それほど必要ありません。

「それほど」というのは、
あくまでせどりという稼ぎ方なの
仕入れ資金は必要になってくるからです。

個人的には3〜5万円もあれば
充分に始めることが可能かな、と。

トレンドで仕入れた商品は
利益率が高いのが特徴です。

少ない資金でも普通のせどりより
遥かに速いスピードで

資金を増やすことが可能な
トレンドせどりを是非体感されてください。

 

ノウハウが利用できるジャンルは?

一言でいうと「全ジャンル」です。

私自身、事業のメインは漫画なので、
漫画ジャンルに主に応用していましたが、

ノウハウ自体は
全ジャンルで実践可能です。

これは中身の部分なので、
あまり詳しく言えませんが…

人が多く集まるところには
お金も集まりますよね。

 

どこで売るの?Amazon?メルカリ?

特に〇〇という決まりはありません。

Amazonでもメルカリでも
ヤフオクでも個人取引でも可能です。

ただ個人的な意見としては、
Amazonは色々規制ができているので、
これを機にヤフオクやメルカリの

アカウントを育てておくのも
いいかもしれませんよねね。

特にトレンドはガンガン売れるので
アカウント育成と相性が抜群です。

ただ質問の回答としては、

圧倒的なトレンドの前では
どこで売るか?は問題にはなりません。

 

予約販売や無在庫のノウハウ?

予約転売や無在庫販売の
ノウハウではありません。

どちらも応用が可能ですが、
全く別物と考えてOKです。

 

在庫で家がいっぱいにならない?

ジャンルによる…としか言えませんが、

先ほど言ったように
今回のノウハウはジャンルを選びません。

なので自分の好きなジャンルに
取り組めるんですよね。

なのでスペースを取る、
家電やおもちゃを避けることもできますし、

在庫になりやすいセットものも
扱わなくてもいい訳です。

スペースの問題があるならば
在庫が溜まらないジャンルに取り組めばOKです。

 

別ツールなどは使う?

使いません。

厳密に言えば使いますが、
皆さんが知っている〇〇使います。

多くの人が利用しているものを
駆使して稼ぐノウハウですね。

 

追加でかかるお金は?

追加でお金を支払う必要は
一切ありません。

安心して購入されてください。

 

返金や保証は?

コンテンツの情報に自信があるので
返金等は一切ありません。

別に返金を設けるのが
悪いとは思いません。

でも販売側目線で言えば、
返金や保証を設けるのは
逃げだと思うんですよね。

わかりやすく言えば、

「購入者からの文句やクレームが
怖いから返金保証つけてるんでしょ?」

と考えてしまうんですよね。

優秀な塾や英会話教室は
返金など設けていません。
それは内容に自信があるからです。

同じように「ザ・トレンドせどりテクニック」には
絶対の自信を持っているので返金等はありません。

 

ザ・トレンドせどりテクニックの販売金額

ザ・トレンドせどりテクニックを
特別価格で購入する

※購入後すぐにトレンドせどりで稼ぐことが可能です

※一度手に入れていただければ、常にバージョンアップする「ザ・トレンドせどりテクニック」をお楽しみいただけます。

 

 

それだけではありません

 

 

ザ・トレンドせどりテクニックを
特別価格で購入する

※購入後すぐにトレンドせどりで稼ぐことが可能です

※ご購入後、追加費用などは一切発生しませんのでご安心ください。

※一度手に入れていただければ、常にバージョンアップする「ザ・トレンドせどりテクニック」をお楽しみいただけます。

 

 

© 2021 儲けプロ Powered by AFFINGER5