稼げる情報売ってください」って連絡が結構くる

1番連絡をくれるのは私のコンテンツを一度でも購入したことがある人。私が売る情報は有益だと気づいているんでしょうね。頻繁にきます。

2番目は販売〆切後に気づいた人。売り切れた商品が欲しくなる心理なんでしょう。PS5とかswitchとか。

 

ガチで稼げるビジネスなら
自分で黙ってやった方が効率がいい

で、「コンテンツ売ってください」「稼げる情報教えてください」と言われることが多いんですが、本音をいうと、ガチで稼げるビジネスなら自分で黙ってやった方が効率がいい。当たり前ですけどね。

大前提としてガチで稼げる情報ならそれにコミットするんですよ。

それに結局コンテンツにして売っても300〜500万円が限界です。

もちろん大々的にプロモーションかけたり広告打ったり、何ヶ月も継続して売れば1000〜3000万規模にはなります。

でもそこまで頑張ってその程度。

それ以上を狙うなら与沢翼レベルに人生ベットするか、

 

 

もしくは毎月毎月コンテンツ販売するしかない。

頻繁に新しいコンテンツを作り、それを超高頻度で売る。「1回の販売で10万円-100万円しか売れないなら毎月のように売る」の考えに至る。

でも売れる情報なんてそうポンポン生まれない。

だから結局のところ大半の人はマインド論に走る。

よくみません?具体的な手法は一切書いてなく、販売者のふわっとした考えが延々と書いているようなコンテンツ。「私は〇〇して行動した」「私は〇〇して成功した」みたいな。それで5万円とか10万円とか。

超現実主義者の私からすると信じられないんですけどね。

でもそんなクソみたいなマインド論コンテンツであれば頻繁に販売できる。できてしまう。

 

だから私は売れない。
売らないではなく、売れない。

超現実主義者だからマインド論で濁したくないし、再現性が高いコンテンツしか売りたくない。

そもそも「売れる情報」と「売れない情報」のバランスが難しい。売れる情報は教えても稼ぎが減らない情報。売れない情報はその逆。

ポケカ戦略のように実践者が増えることで市場が盛り上がるのであればノウハウを晒しても問題なし。

しかし物販で市場が狭い商品を扱っていて、そこに100人とかライバルが増えれば当然収入は減る。だから教えることは難しい。

そんな私だから自然と新コンテンツ販売は1年に1〜2回ペースに。

 

やばいスキームを思いつく

「今のところ教えられる情報はないなー」

稼げる情報ないですか?メールを読みながらこう思っていた半年前。

実践してる物販は「売れない情報(教えたら自分の稼ぎが減る)」だし、ポケカはコンテンツ化させたばかり。TikTokやChatGPTはまだ有料で売れるレベルではない。

「う〜ん」と唸っていました。

でも、ふと思ったんです。

…いや、待てよ?いま実践してるあの〇〇を〇〇して〇〇したらどうだろうか?」と。

伏字ばかりでごめんなさい。

でもこの伏字の部分だけでも正直、規格外。

思いついても私のような立場じゃないと実現できないし、そもそもバレることでリスクが増えます。

リスクというのは法的なものではなく稼げる金額が減るって意味です。マネする人間が現れたりで。だから伏字でごめんなさい。

でも断言します。やばいスキーム(計画)です。

 

このスキーム(計画)知りたいですか?

もし知りたいならコチラに登録どうぞ↓↓

>>悪用厳禁スキーム(計画)を知る

  • ※Gmailの場合、「プロモーション」に分類されることがあります
  • ※登録後、メールが届かない場合は「迷惑ボックス」をご確認ください

 

 

今回このレポートを見れているのはごく一部の人です

  • 私のコンテンツ有料購入経験者
  • 普段からメルマガ購読率が高い(90%以上)
  • メルマガの完読率が高い(95%以上)

上記いずれかに該当する人にしか届いていません。そういった配信設定にしています。信頼できない人は排除します。

なのでこのレポートを見れているけども、私を信用していない人は絶対に登録しないでください。

このスキーム(計画)に乗るかどうかは話しを聞いてからで構わないですが、仮に乗る場合、鉄の結束が必要です。

 

約束が守れる。その上でこの計画を知りたい人はコチラから↓↓

>>悪用厳禁スキーム(計画)を知る

 

© 2023 儲けプロ Powered by AFFINGER5