せどりのデメリット?理解しておくべき4つの注意点

メリット デメリット


ども、井上です。

最近では世間の認知度も上がってきた「せどり」ビジネス。


いまやネットを使って収益を上げる代表的なアフィリエイトと並んで代表的なビジネスにもなってきました。

その手軽さやシンプルさから多くの人がせどりから始めると言ってもいいくらいだと思います。


加えて、その他のネットビジネスとは比べ物にならないほどメリットの多さから実際に私も強く推奨しています。


しかし、かと言って「デメリットを理解しなくていいのか?」と聞かれれば答えは「NO」


やはりどれだけ優秀でメリットだらけのビジネスといえども、デメリットを理解することは大切だと思います。

いざ実践してみて「こんなはずじゃなかった!!」というのが一番怖いですしね。


という事で、ここではそんなせどりのデメリットを説明していこうと思います。

よくネットに転がっているありふれた情報ではなくて、実践者だから語れるリアルなお話を提供できればと思います。


ちなみにせどりのメリットはこちら

→ 「初心者が稼げる「せどり」とは?5つのメリットを解説」

 

せどりの4つのデメリット

 

その1 最初は作業を必要とする


これは当たり前と言えば当たり前なのですが、 いくら簡単でシンプルなビジネスと言えども最初のうちはせどりで稼ぐためには作業を必要とします。

商品をリサーチして、仕入れて、発送する。 この一連の行動が必要になってくる訳です。


こんなごく当たり前の事を「簡単に稼げますよ!」と謳うセールスレターに 騙されて多くの人が実践して「想像していたのと違う!」となっています。


勿論、仕入れの効率化やスピードを上げたり、 人を雇って自分は指示を与えるのみ・・ という仕組みを作れば作業は限りなく0にできます。(今の私がそうです)


→ せどりは大変?儲からない?解決策はせどりの自動化だと思います!その理由と方法を。



しかし、最初から作業0で収益を発生させることはできない訳です。  

そのため予想以上の作業を必要とする事もあります。


その2 始めるには資金を必要とする


これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは判断が難しい所ですが、せどりを実践するにあたって最初の資金は必要です。


利益が出る商品を安く仕入れて、それを高く売るビジネスな訳なので、無料ブログで始めるアフィリエイトや動画投稿のYouTuberと違い初期資金は必要になってくる訳ですよね。


とは言え、いくら無資金で始められるかといって成功率が極端に低いビジネスに取り組んでも仕方ないですし、資金が必要と言っても数万円から始められるのがせどりビジネスです。


資金を簡単に作る方法もありますしね。

→究極的にお金がない人用、0円で資金を増やす方法



0円で始められるが、成功率が1%のビジネス。

数万円の資金は必要だが、成功率が100%のビジネス。

あなたならどちらを選びますか? 私ならば後者を選びます。


その3 住まい環境によって左右される


私の個人の意見を言えば、自宅で全て行える電脳せどりの手法がある限り、それほど個人差による環境の違いはないかと思います。


しかしやはり中には店舗せどりメインで実践し電脳の実践を視野に入れていない方もいると思います。そう言った方に限れば環境の違いは出てくるでしょう。


またこれは中級者以上の話しになってきますが、個人で実践しているせどりを物販ビジネスとしてレベルアップさせる段階になってきた時に「輸入・輸出」の利用や「卸業者」との取引を視野に入れるようになります。

その際にどうしても送料の問題が出てきますので、関東や関西方面に住んでいる方よりは沖縄や北海道に住んでいる方に送料の料金は重くのしかかってきます。


なので、そう言った面まで考慮していくと住まいの環境は出てきますが、始めた段階では気にするほどのデメリットにはならないかと思います。



その4 ある程度の商品確保スペースが必要



せどりは基本在庫ビジネスです。

基本的にどのジャンル商品を扱っていくにしても ある程度商品を置く「スペース」が必要になってくるでしょう。CD ならば CD を置くスペース、家電ならば家電を置くスペースが。

とは言え、Amazonには「FBA」というシステムがあります。

※FBA・・Amazon が提供するサービス。   出品者が商品を Amazon 倉庫に納品すると保管。  その後商品が売れると梱包、発送まで行ってくれるサービス。



FBAの登録はこちら→ 
【最新版】Amazon出品アカウント作成方法【簡単15の手順】


このFBA を利用すれば商品を在庫状態にしておくのは 一時的でそれほどスペースを確保する必要はないかと思います。

有料のサービスですが商品1点あたり数円〜数十円なので 利用する価値は大いにあり、大きく稼いでいる人はまず利用しています。 なので、それほど大きなデメリットと感じないのが現状です。

まとめ



ご覧になっていただければ分かると思いますが、せどりに置いてもデメリットがあるのは事実です。

しかしそのデメリットもしっかり把握して取り組めばそれほど怖いものではありません。

怖いのは「知らない」という事なのです。

自転車の乗り方もしっかりマスターすれば乗り回せるものですし、包丁の使い方もきちんと把握すれば怖いものではありません。


大事なのは「理解」する事、そして知らない情報を「手に入れる」事だと私は思います。


この私のサイトではそう言った多くの人が「知らない情報」をお届けして理解してもらっています。

そしてメルマガでは実践者が「語りたがらない情報」を余す事なくお伝えしています。よかったら登録して見てください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です