お金ください。その一言で稼ぐ【ネット乞食(こじき)】とは?その戦略と方法を伝授!

ども、井上です。

世の中には色々なお金稼ぎがありますよね。当サイトでも様々なお金儲けの方法をお伝えしていますが、今回はお伝えする方法はさらに特殊。

結論から言ってしまうと、その儲け方は「ネット乞食」です。

 

意味はそのまんまでネットを利用して乞食活動を行い金銭や物を得る行為です。

※ちなみに乞食(こじき)と読みます。

 

ですが、乞食(こじき)と言っても単純に「金くれ~金くれ~」と叫んで手に入るのならば苦労はありません。大事なのは「戦略」です。有効的に、かつ効果的に乞食(こじき)をすることです。

今回はあなたが効果的に乞食(こじき)で稼げるように、私が最高のアドバイスをしていきます。

井上
ちなみに闇雲にお金を求める乞食行為は「軽犯罪法違反」に該当します。この「闇雲」という部分が重要で、戦略的に行なうことで回避することが可能なのです。

 

ネット乞食とは?

 

そもそもネット乞食とはなんなのでしょうか?

ウィキペディアでネット乞食(こじき)と調べると下記のようの説明が出てきます。

 

ネット乞食ネットこじき)とは、インターネット上のサービスを利用して以下のような行為をする人のこと。 生活費や娯楽費を目的としてホームページ(ウェブサイト)上で情報やサービスなどを一切提供することなくカンパを呼び掛けたり、プレゼントが欲しいと見に来た人にお願いする行為。

 

つまり「ネット+乞食(こじき)行為」ということですね。

 

このネットを使った乞食(乞食)行為ですが、広く世間に認知されるようになったのはニコニコ動画の影響が強いでしょう。

ネットを通じて配信を行い何かと理由を付けて(誕生日、家賃が払えない等)自分の銀行口座を晒すと熱狂的なリスナー(ファン)が物資や金銭を援助してくれるのです。

 

 

あまりニコニコ動画などを見ない人は馴染みがないと思いますが、有名配信者になるとその稼ぎ出す金額は1回の放送で何万、何十万ということがザラにあります。

トップ配信者になると、1ヶ月の収入は100万円+物資ということだから驚きです。

 

勿論、そこまでのカンパ金額が集まるには認知度や人気があってのものです。誰にでもできる訳ではありません。

しかし実際に何十万円のカンパを集めている配信者は何か芸に秀でたり、容姿が優れているわけでもありません。

単純に乞食行為が優れているのです。人の注意や同情を引くのが上手いのです。

 

それも一種の才能と言えばそうですが、真面目に働いてる人からすれば、配信をして「お金ください~」で、数万円がポンと振り込まれる現実は少し理不尽さは感じるでしょう。

 

井上
そんな様子を夢見て一時期ニコニコ動画では、乞食活動を目的とした配信業を始める人が多く現れました。

 

ネット配信者の活動場所がニコニコ動画から移動?

 

ただ最近はニコニコ動画の衰退により、配信者の活動の場が移りました。

有名なので言えば「ツイキャス」や「ふわっち」。

 

あとは少しジャンルは違いますが「LINE LIVE(ラインライブ)」などに移動している感じですね。

 

一般的に動画配信と聞くと、多くの人が「YouTube」をイメージすると思います。

確かにニコニコ動画の大手生主も、YouTubeでの活動を行なっておりますが、系統が違うのでしょう。

チャンネル登録者を大きく伸ばしているのは非常に少ないです。

しかもその伸びているニコニコ動画出身者は乞食活動をしていない人間ばかり。この辺にYouTubeとニコニコ動画の明確な違いも出てきていますね。

 

ネット乞食の活動場所は動画配信だけではない

 

さらに「ネット+乞食行為」は動画媒体だけでけではありません。

今は閉鎖中してしまいましたが、「金くれ」というサイトも一時期人気を博しました。

 

このサイトは名前のとおり、自分の銀行口座を晒して「お金が欲しい!(一応、家賃や借金の支払い、就職活動の費用、親への仕送り等の理由は付けています)と書き込みます。

すると、その書き込みを見た人が実際にお金を振り込む・・というものです。

こんな直球で本当に振り込むやつがいるのかよ、と思うかもしれません。

しかし驚くなかれ、サイト開設直後は20万円を振り込んでもらった猛者もいるくらいです。

世の中にはいろんなサイトが存在しますが、これほど人のお金の欲望を露わにしたサイトも珍しいでしょう。

 

iTunesカードとAmazonギフトカードの登場

 

そして忘れてはならないのが「iTunesカード」「Amazonギフトカード」です。

この両者の登場により、ネットでの乞食活動が一気にしやすくなったと言っても過言ではありません。

 

上でお伝えした、動画配信での乞食活動やサイトに書き込む乞食活動も、銀行口座位を伝える必要があります。なのである程度のリスクは伴っていました。

しかしiTunesカードを受け取るのに自分の名前を晒す必要はありません。リスクと手軽さが段違いなのです。その手軽さは、様々な詐欺でも利用されるようになりました。

 

ヤフオクを利用した商品詐欺。


ゲームアカウントを売りますの詐欺。


出会い系詐欺。


アイドルやアーティストのライブチケット詐欺。


井上
特に出会い系詐欺の威力は凄まじく、ヤフオクやTwitterを見てみると今もなお騙されている人がいる様子です。いつの時代も男の欲望を利用して悪どいことを考える人間はいるものですね。

 

楽して稼いでいる人を嫉妬してしまう気持ちは邪魔でしかない

 

ここまで駆け足でネット乞食の歴史を説明してきましたが、おそらく大半の人が「そんなのお金儲けでもなんでもない!」と、思うかもしれません。

安心してください。私だって思います。

 

特に私たち日本人は「労働こそが素晴らしい!」という意識を小さい頃から植え込まれているので、労働をせずにお金を得ている人を叩く風習があります。

その考えに対しては個人の考えがあるので、とかやく言うつもりはありません。日本は勤労の義務がありますしね。

 

しかし、そういった稼ぎに対して根本的な部分は「嫉妬」からくるものだと思っています。

楽して稼いでズルイ!私が汗水垂らして稼いでいるのに!と。

私自身も実際にネットビジネスの世界に入って稼ぐ前は「YouTubeで月収300万円!」とか「転売で年収1000万円!」という話しを聞くと、その人がどれだけ頑張ってきたかは考慮せずに、楽な部分だけに目を向けて嫉妬してしてしまう気持ちが強かったです。

 

勿論、そういったネットビジネスで稼ぐのと、ネットで乞食行為とでは全然違います。

が、本質的には一緒。楽に稼いでいる人を許せない「嫉妬」からくるものだと思います。

 

これは絶対と言ってもいいですが、嫉妬や叩く行為で稼げるようにはなりません。

楽して稼いでいる人や乞食(こじき)活動を許せない気持ちがあっても、それにエネルギーを使ってはいけません。そんなのは他の暇な人に任せておけばいいのです。

 

その嫉妬や粘着のエネルギーをビジネスに利用することは可能ですが、その労力を使うくらいなら真っ当な方法をしている方が稼げるでしょう。

だから大切なのは嫉妬や叩くことではなく、それを利用すること。

 

他人が楽に稼いでいる部分を利用して、自分への収益と繋げる意識行動力を持つことが大切だと思います。

 

井上

少し前に「ドバイのホームレスが月収800万円稼いでいる」という情報を信じて、中国の少年がドバイへ密航したニュースが流れました。密航は当然悪いことですが、この行動力は素直に素晴らしいと感心しました。https://moccosnoon.com/archives/8676.html

 

それでは長い前置きはこれくらいにして本題にいきましょう。

 

ネット乞食を成功させる3つの大切なこと

 

ここまでの説明で理解していただけたと思いますが、ネット乞食をする上で大切なのは3つ。

それは「そのお金をもらう動機」「乞食をする場所」そして「共通(仲間)意識」なのです。

 

お金をもらう動機に失敗してしまったら炎上のリスクが

 

まず1つ目。「お金をもらう動機」です。

やはりお金をカンパする側も馬鹿ではありません。なにかしらのメリットを求めて乞食行為に加担します。

 

例えば配信者にだったら応援の気持ちも込めて何万円もあげているのでしょう。

道端の物乞いにお金をあげるのは可哀想な気持ちや同情を感じてのことでしょう。

そう。大切なのは「動機(きっかけ)」なのです。

 

この動機作りを失敗してしまったら、たちまち非難の対象となります。

具体例をあげると少し前にクラウドファンディングで出産資金を求めたブロガーがいました。

一見彼の「学生でお金がない!でも子供は産みたい!」という考えは分かるようにも感じました。

しかし、いざ蓋を開けてみたら大炎上。

 

  • 「出産に関して舐めくさってる」
  • 「生活が困窮しているようには見えない」
  • 「言ってることが軽すぎる」
  • 「ただの避妊しなかった馬鹿大学生。」
  • 「自分が彼の親だったら全力で辞めさせる」

 

といった非難の声が殺到しました。

その炎上でクラウドファンディングの金額が当初50万円を予定していたものの、30万円に引き下げられた事もさらに火に油を注ぎました。

この事から分かる通り、人は筋が通っていない物事に対してお金を渡しません。

嘘を付いて寄付・募金・カンパを募るくらいならば、単純にお金ください!の方がまだ効果的なのです。

 

お金を募るのならば、お金を持っている人の前で

 

そしてさらに大切なのが「乞食をする場所」です。

当然、乞食行為はお金をあげる人がいて、初めて成立するものです。

貧乏な国や街で乞食活動をしてもお金を恵んでくれる人も皆無でしょう。

 

なので、お金や物資を分け与えてくれる人が多くいる場で活動することが、とても大切です。特に急にお金を手にいれた人間は気が大きくなる傾向にあります(宝くじで高額当選した人間が散財してしまう確率が高いのはデータとしても残っていますよね)。

つまり、大切なのは「急に大金を手にいれた人間に乞食(こじき)行為をする」ことなのです。

 

共通の趣味や意識にはお金が集まる

 

そして最後に「共通(仲間)意識」です。

これはどうゆう事かと言うと、人は自分の知らない分野に対してお金を出さない傾向があります。

考えてみてください。

例えば「画期的な自転車を作りたいんです!」と、資金を募った時にお金を渡してくれる人の大半は”自転車に興味がある人”だと思います。

勿論、将来性を感じて投資として渡す人もいるでしょう。

しかし、多くの人が”自転車”という共通の関心があるからこそお金をくれるのだと思います。

 

・・まあ、とは言っても、これだと乞食行為ではなく最早企業の資金調達になってしまいます。

もっとシンプルに考えてみましょう。「子供に野球をやらせたいんです!グローブを買うお金をください!」と、カンパをもちかけた時に、サッカー観戦のスタジアムで行うのか。もしくは野球観戦のドームで行うのか?

どちらが成功率が高いと思いますか?ってことですね。

 

Twitterと仮想通貨を利用して募金(乞食)活動を

 

ここまでネット乞食をする為に大切な3つのことをご説明してきました。

  1. お金をもらう動機
  2. 乞食をする場所
  3. 共通(仲間)意識

 

この3つの条件を満たしている分野で乞食やカンパを募ることが成功への秘訣です。

ばばあさん
そんな分野があるのか?

そう思うでしょう。あるんです。

それが”Twitter”と”仮想通貨”なのです。

 

少し前に仮想通貨を利用した無料で実践できる稼ぎ方をご紹介しました。

5つの仮想通貨で可能なお金儲けの方法。投資だけが稼ぎ方ではない!

2017.12.22

 

その時には怪しい動きはあったものの、確証がなかったので書かなかったのですが、最近増えて来ているんですよね。

仮想通貨の募金(乞食)活動が。


募金と綺麗に表現しているものの、やっていることは乞食活動です。

しかし、それが成功しているから(20万以上)驚きです。

 

ですがその背景を紐解いた時に、上記の3つの大切なことを満たしているから、この募金(乞食)活動も成功しているのです。

  • お金をもらう動機→仮想通貨への投資
  • 乞食をする場所→Twitter
  • 共通(仲間)意識→仮想通貨仲間

 

仮想通貨を利用して乞食活動。これだけ。

 

今の仮想通貨市場は急にお金を手にいれた人で溢れかえっています。

去年の年末から暴落は続いているものの、それでもプラス域にいる人は多くいるでしょう。そういった熱い鉄火場(仮想通貨)で仲間意識を持てるTwitterで、動機さえあればここまでの成果が出るのです。

これが仮に「パチンコで勝負したいです!」とか「競馬で一発逆転の資金を!」とTwitterで募集しても、集まらないでしょう。

仮想通貨というキーワードが大切なのです。

 

つまり、

  1. 仮想通貨関連のアカウントを作る
  2. 仮想通貨関連のツイートをする
  3. フォロワー数を集める
  4. 乞食活動

この3の部分のみに力を入れていけばいいのです。

 

しかも、力を入れると言ってもTwitterを利用しているのでニコニコ動画の配信者みたいに地道に知名度を上げる必要はありません。

ブログやサイトを頑張って作る必要もありません。

Twitterはインフルエンサーが少し協力してくれれば、フォロワー数は簡単に増えていきます。

 

そしてそのインフルエンサーのツイートは買えるのです。

10万人レベルになると難しいですが、数万人レベルであれば1万円以下で買えます。ある程度の信頼関係(絡み)があれば、数回はタダでやってもらえるでしょう。

そう、簡単に募金(乞食)活動が可能なのです。

 

事実、上の20万円集めた募金(乞食)活動の子も、約1万人フォロワーを持っている人の協力の得る。

その後に一気に拡散し、20万円以上という募金(乞食)額が集まりました。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

ある程度はネット乞食(こじき)の活動方法は見えてきましたかね??

 

ただ、勘違いされないでくださいね。

こう書くと単純に「井上さんはTwitterで仮想通貨の乞食活動をしろってことか・・・・」と受け取る人がいます。違いますよ??

大切なのは”それを利用する”ことなんです。

 

少し前にもメルマガで、「ある糞なサイトが月150万円稼いでいる件」と題して、ある稼ぎ方をお伝えしました。

これも伝えたそのままの意味で受け取ったら「芸能人の影響力を利用して悪い稼ぎ方をしている奴等がいます〜」だと思います。

でも伝えたかったのは、そんな愚痴みたいな内容ではありません。頭の良い読者の方ならばきっと気づいてくれたと思います。

本質を見抜きましょうね。

そうすれば、悪どい稼ぎかたほどヒントが落ちている場所はありませんよ。

 

私のメルマガではライバルと差をつける「お金儲け」について発信しています。

今回のような方法なんて可愛いもの。もっとやばい稼ぎ方も暴露しています。

勿論、登録は無料です。

下記のウシジマくんの画像の「メルマガを登録する」からメールアドレスだけで登録できるので是非登録してください。

 

仮想通貨関連では下記の記事は超絶おすすめです。是非一度は目を通しておいてください。

5つの仮想通貨で可能なお金儲けの方法。投資だけが稼ぎ方ではない!

2017.12.22

 

井上
という事で「お金ください。その一言で稼ぐ【ネット乞食(こじき)】とは?その戦略と方法を伝授!」でした!



せどり?転売?パチンコ?アフィリエイト?仮想通貨?
井上智也公式メールマガジン

読者様から絶大な支持を頂いている、私の公式メールマガジンです。

このメルマガでは「お金を稼ぐには?」をテーマに有料レベルの情報をガンガン流しています。登録は勿論無料ですので安心してご拝読ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。